足について

偏平足(へんぺいそく)とは?特徴について 足の痛みにインソールがおすすめ! 足の専門店 フットプラス(岐阜県関市)

偏平足とは?特徴について

土踏まずの部分が下がっていて地面との接地面が内側に広がっている状態です。舟状骨(しゅうじょうこつ)は土踏まずの頂点となる部分にある骨で、その骨の高さが低くなって、足のアーチが潰れている状態です。足のアーチは、足を踏み出す動作に柔軟に動いて、人間の大きな身体を支えながらスムーズな動作をつかさどる重要な役目をしています。

偏平足は歩行や運動能力に支障があるの?

偏平足は問題であるわけではありません。偏平足だからといって、歩行が悪いとか、スポーツや運動能力が低いということはありません。

偏平足で起こりやすいのが「疲れやすさ」です。走った時など、足裏からくる大きな衝撃を足のアーチによって、クッション機能のように吸収し和らげてくれるのですが、偏平足は足のアーチ高(こう)が下がっていますので、足裏からくる衝撃をダイレクトに受けやすくなります。疲れが足から溜まりやすくなると、ケガもしやすくなります。

偏平足にはインソール(靴の中敷き)で、足のアーチのサポートがおすすめ!

やわらかすぎるインソールでは足のアーチをサポートする機能が低く、硬すぎるインソールでは偏平足の足にはアーチが下がっていて低いため、足の状態に合っていないアーチだと、不快な状態での突き上げにより、当たるところが擦れてマメができやすくなります。そこで大切なのは自分の足について、アーチの状態を知ることです。

無料の足の測定・相談をお気軽にどうぞ(完全予約制)

普段履いている靴をお持ちください。靴のサイズや、靴の裏の擦り減り、靴の状態をチェックいたします。

●「オーダーメイドインソール・靴の中敷き」で姿勢も整い疲れも軽減

あなたの足型から成型するため、左右ぴったりとフィットして足裏から全身を支えます。

全身の疲れや不調は、実は足裏から来ているかもしれません。足に合っていない靴や、足を痛めてしまう靴など、自ら足に負担をかけてしまっていることがとても多く見受けられます。なかなか他の人から、自分の姿勢や歩き方について言われることはありません。靴についても自分でしか、合っているかどうかはわかりません。

無料の足の測定や、オーダーメイドインソール(靴の中敷き)、製作のお客さまには、定期的な足のケアとして「至福の足もみ(足つぼ)」をおすすめしています。

完全予約制です お問合せもお気軽に、お電話またはLINEでどうぞ

お電話 090-9947-7547 、またはLINEでお気軽にお問い合わせください。

足を大切に、今日も歩こう❣

●公式Instagram「footplus.gifu」もフォローしてね💛

徳野 あおい

徳野 あおい

インソールカウンセラー、フットケアセラピスト。足のお悩み、身体のバランス、スポーツの向上・疲れ・けが防止に、世界に1つだけのオーダーメイドインソールで足元から支えます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。