足について

足のむくみと、あなたの足について

足の疲れで、よくお声をいただくのが「足のむくみ」。「今日はいーっぱい歩いたから、足がむくんだ!」という声もよく耳にしますが、せっかく歩いて健康的なのに、足が辛いというのは、とても残念ですので、なんとかできたらといつも思っています。もっと歩くことが楽しくなるように、ちょっと歩こう!と思えるように、生き生きと歩けるように、そんな気持ちになれるようなお話ができたらと思っています。

今日のお話はこちら!

  1. 足がむくむって、どういうこと?
  2. いっぱい歩いたから足がむくんだ、ではなかった
  3. 足にピッタリ合った靴がカギ

1.足がむくむって、どういうこと?

人間は、心臓から全身に血液を送っています。心拍を繰り返しながら、休むことなくポンプの役割をして血液を送っています。1日の拍動は、なんと10万回以上とも言われています。すごいですよね!休みなく、ずっと動き続けているんです。そんな、大切な全身の血流なのですが、心臓から一番遠い位置にある部位が、なんです。だから、足の血流が悪くなりやすく、足から冷え性にもなりやすくなります。

足がむくむってどういうこと?

それは、立ったままやデスクワークなど座ったままの姿勢が長く続くと、下肢の筋肉を動かしていないため、足の筋ポンプの機能が低下してしまいます。そうなると、心臓に向かって流れる血液が停滞して、むくみの原因となります。テレワークや、テレビ会議が増えてくると、知らず知らずのうちにいつもよりも座った姿勢が長く続き、身体を動かさない時間が増えていきますね。

2.いっぱい歩いたから足がむくんだ、ではなかった

「今日はいっぱい歩いたから、足がすごくむくんで…」と、いうお声もよく聞きます。先ほどのお話の中では、立ったまま、座ったままのように長時間、動かない姿勢でいると、足の筋ポンプの機能が低下して足がむくむ、というお話をしました。

つまり、「いっぱい歩いたから、足がむくむ」ということはなく、実は、「歩くことは、足のむくみを解消している」ということになります。

では、「いっぱい歩いたから、足がむくむ」という方は、何が原因なのでしょうか。

多くの方の原因は、もしかしたら「靴が足に合っていないから」「無理した靴で歩いているから」足がむくむのではないかと思います。本当は、歩くという絶好の健康運動のタイミングなのですが、足に合わない靴や、歩きにくい靴を履いているために、余計に足から全身が疲れてしまう原因をつくってしまっているのかもしれません。

3.足にピッタリ合った靴がカギ

足の疲れやむくみの原因のひとつに、「靴や足の裏」があったとは、なかなか気がつきにくいですよね。普段の毎日の生活で、いつもの靴で、いつもの歩き方。当たり前過ぎて、なかなか気にしないところです。しかし、よくよく考えると、あなたの全身をささえているのは「靴」であり、あなたの自由な動きをつかさどっているのは「足や足裏の力」だったのです。

では、どうしたら良いか。それは「足にピッタリとあった靴を履く」ことからです。

足のサイズを聞いても、なかなかしっかりと正確なサイズを答えられる方も少ないです。靴を買う時のサイズを覚えていたりしますが、実は、靴のサイズも規定や国によっても様々なのです。つまり、「あなたの足にフィットした靴を選ぶことはなかなか難しい」というのが現状です。

そこで、おすすめしたのが、「あなたの足の測定」です。当店では足の測定を丁寧に行い、分析いたします。本当に足は人それぞれで、形も、左右も違っていたりします。あなたの靴が合っているか、フィットしているか、目的に合わせた靴を履いているか、普段の生活や、お仕事、趣味やスポーツのお話、足や身体のお悩みを聞かせていただきながら測定させていただきます。足を分析して、オーダーメイドインソールで靴と足の隙間を埋めるように世界に一つだけ、あなたの靴の中究極のフィットな状態にしていきます。

あなたの秘めたパワーを足裏から最大限に引き出せるように。

足を大切に、今日も歩こう❣

徳野 あおい

徳野 あおい

インソールカウンセラー、フットケアセラピスト。足のお悩み、身体のバランス、スポーツの向上・疲れ・けが防止に、世界に1つだけのオーダーメイドインソールで足元から支えます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。