ウォーキング

秋はウォーキング!絶好の季節 ”歩く3つのポイント”

暑さが和らいで、季節はすっかり秋に。とても過ごしやすい季節になりましたね。

スポーツジムで身体を鍛えて…、動画で激しいダンスやストレッチをして…、でも、なかなか長続きしないですよね。

そこでおすすめなのが、「ウォーキング」です。誰もが毎日行っている”歩くこと”が、とてもすばらしい運動なのです。歩行にはたくさんのうれしい効果があります。身体を正常に保ち、生活体力を維持し、生活習慣病も防いでくれます。(国土交通省 https://www.mlit.go.jp/common/000022977.pdf

今日は、ただ歩くだけではなく、もっと健康に身体のためになるように、”歩く3つのポイント”をお伝えしたく思います。

■その① 足に合った靴を履こう!

「歩き方のコツじゃないの?」っと思った方も多いのではないでしょうか。そう、 毎日普通に歩けているから、靴の事になかなか意識が向きにくいのです。

自分の足のサイズに合った靴選びを。意外と自分の足のサイズを知らなくて、思い込みで靴を選ばれているようです。すると、きつく無いようにと、必要以上に大き目の靴を選んでしまったりしている方がとても多いです。まずは、正しい自分の足のサイズを知って、そのサイズにプラス1㎝を目安に、足に合った靴を選びましょう。

足に合っていない靴で長時間歩くと、足の運びも、歩き方もゆがみ、結局、身体全体に負担をかけてしまうことにもなりかねません。せっかくウォーキングをしていても、疲れやゆがみが増すばかりです。

■その② 靴ひもをしっかりしめよう!

これもなかなかできないですよね。靴を履くたびに、ひもを縛り直すなんて、面倒くさい…ですよね。でも、「靴のひもを締めること」を忘れずに習慣化していただきたいです。足にフィットすること、その「フィット感、履き心地」が大事だからです。そのためには、足と靴がしっかりと固定されていないと、足と靴の中に隙間ができて、フィット感もありません。隙間が多いと、靴の中で足は動き、余計に足のトラブルを引き起こしてしまいます。

歩く前に、「靴選び・靴の履き方への意識=自分の足へのいたわる気持ち」からが大切なんですね。

■その③ 歩くときは、かかとから、つま先へ体重移動!

かかとから地面に接地し、つま先で蹴り出す体重移動がたいせつです。靴の裏を見て、色がついているところが左右均等にすり減っていたら、正しい歩き方ができている証拠です。これを維持するために、オーダーメイドインソールをおすすめします。

■無料 「足の測定・足の相談」にフットプラスへ行こう

自分の正し足のサイズや、土踏まずの状態を知ることからはじめませんか?
岐阜県・関市のFOOT PLUS(フットプラス)なら、無料で「足の測定・足の相談」をいたします。ご自分はもちろん、親御さんやご家族おそろいで、みんなで足のこと、健康のことをお話しましょう。

足を大切に、今日も歩こう❣

徳野 あおい

徳野 あおい

インソールカウンセラー、フットケアセラピスト。足のお悩み、身体のバランス、スポーツの向上・疲れ・けが防止に、世界に1つだけのオーダーメイドインソールで足元から支えます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。