足について

足がつる、ふくらはぎがつる原因とは? 足の専門店 FOOT PLUS(フットプラス・岐阜県関市)

岐阜県・関市で「足の専門店」として、「オーダーメイドインソール(靴の中敷き)」や「至福の足もみ」をご提供し、みなさまの”一生歩く健康”を支えています。私どもフットプラス(FOOT PLUS)では、オールハンドによる「至福の足もみ(足つぼ)」がとても人気で、たくさんのリピーターさんにご好評をいただいております。

そこで今回は、「足がつる、ふくらはぎがつる原因とは?」と題して、足もみ・足つぼの健康への効果や、すばらしさに迫っていきたいと思います。

「足がつる」原因とは、ふくらはぎの筋肉の緊張による痙攣(けいれん)によるもの

立ち続けていたとき、寝ているとき、運動をしているときなど、ふいに訪れる「足がつる」あの痛み。ふくらはぎの筋肉が緊張して痙攣(けいれん)を起こして、固まって戻らなくなってしまうことです。ふくらはぎだけではなく、足の裏や、足の指などでも起こります。身体は立っていられなくなり激痛が走ります。病気ではありません。長時間の運動による疲労時、準備運動不足のまま急に動いた時、そもそも筋肉をあまり使っていない運動不足の方にも起こりやすくなります。

第二の心臓「ふくらはぎ」の柔軟性が大切、快適な歩行にも影響している

「ふくらはぎ」とは「下腿三頭筋(かたいさんとうきん)」という筋肉のことを言います。ふくらはぎの半分を占めるほどの大きな筋肉です。2つの筋肉から構成されている「腓腹筋(ひふくきん)」と、腓腹筋の前側にある「ヒラメ筋」から成り立っています。その脚の筋肉の伸縮や動きを、かかとにつなげているのが「アキレス腱」です。脚と足をつなけている重要な筋肉で、しっかりとした快適な歩行には、ふくらはぎ(下腿三頭筋)と、アキレス腱の筋肉の柔軟性がが大切です。

ふくらはぎ(下腿三頭筋)と、アキレス腱の筋肉を伸ばそう

脚の血流悪化を防ぐことが大切です。これは、足のお悩みにも多い「冷え」「むくみ」の原因でもあります。ふくらはぎ(下腿三頭筋)と、アキレス腱の筋肉を伸ばして、しっかり伸縮させることが大切です。


ふくらはぎ(下腿三頭筋)と、アキレス腱の筋肉を伸ばしには、他にもうれしい効果があります。

歩き続ける、足の若さを保つことができます。加齢とともに足首の動きは悪く、筋肉が硬くなりやすくなります。毎日ストレッチをして、歩く習慣をつくることで柔軟性が保ちましょう。
外反母趾や偏平足など、足のアーチの崩れや痛みにも効果的です。筋肉の柔軟性を意識しながら、ふくらはぎとアキレス腱を伸ばすことを習慣化していきましょう。

足がつりやすい方には、足もみや、オーダーメイドインソール(靴の中敷き)がおすすめ

足がつりやすいなど、全身の疲れや不調は、実は足裏から来ているかもしれません。足に合っていない靴や、足を痛めてしまう靴など、自ら足に負担をかけてしまっていることがとても多く見受けられます。なかなか他の人から、自分の姿勢や歩き方について言われることはありません。靴についても自分でしか、合っているかどうかはわかりません。

無料の足の測定や、オーダーメイドインソール(靴の中敷き)、製作のお客さまには、定期的な足のケアとして「至福の足もみ(足つぼ)」をおすすめしています。

完全予約制ですので、お電話 090-9947-7547 、またはLINEでお気軽にお問い合わせください。

足を大切に、今日も歩こう❣

徳野 あおい

徳野 あおい

インソールカウンセラー、フットケアセラピスト。足のお悩み、身体のバランス、スポーツの向上・疲れ・けが防止に、世界に1つだけのオーダーメイドインソールで足元から支えます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。