足について

人間の足にはあって、チンパンジーの足にはないものはなんだ? 足の専門店 フットプラス(岐阜県関市)

人間の”足の不思議・面白さ”についてお伝えしたく、今回は「人間の足にはあって、チンパンジーの足にはないものはなんだ?」と題して、足のすごさについて迫っていきたいと思います。

私は、岐阜県・関市で「足の専門店」として、「オーダーメイドインソール(靴の中敷き)」や「至福の足もみ」をご提供し、みなさまの”一生歩く健康”を支えています。フットプラス(FOOT PLUS)では、オールハンドによる「至福の足もみ(足つぼ)」がとても人気で、たくさんのリピーターさんにご好評をいただいております。

人間はチンパンジー・サルから進化した DNAは約99%が同じ

今から500万〜700万年前、チンパンジーなど(類人猿)と枝分かれして進化を始めた人間。人間チンパンジーDNA(遺伝子)を比較すると、約99%が同じ。驚くことに、その違いはわずか約1%と言われていて、今も研究がされています。

人間とチンパンジーの違いは?

人間とチンパンジーの違いは何か?それは「直立二足歩行ができる」ということ。 現存する生物のうち、直立二足歩行が可能な生物は、なんとヒトだけです。

チンパンジーなどのサルは一時的に二足歩行をすることはできますが、基本的には4本足で歩いています。二本足で長時間歩くことはできない。ところが、人間は常に直立二足歩行をしています。実は、人間とチンパンジーのDNAがほぼ一緒でも、足の裏には大きな違いがあるのです!それは何でしょうか?

人間とチンパンジーの足裏の違いは?人間が直立ニ足歩行ができるヒミツとは?

人間とチンパンジーの足裏の違いは?、人間が直立ニ足歩行ができるヒミツとは?

足のアーチあるかないかの違いです。チンパンジーの足は平ぺったく人の手のような形状をしています。人間の足は、土踏まずがあるように立体構造となっているのが分かります。

人間の足には、縦と横の「アーチ構造」があることで、大きな全身をバランスよく支え、歩く時には足裏から来る衝撃を和らげてくれる働きもあるのです。チンパンジーの足は平ぺったく、長く二足で歩くことには適していませんが、親指が他の4本指と離れていますので、モノをつかんだり持ったりするのには優れていると言えます。

歩くためには「足のアーチ」が必要

チンパンジーやサルのように木の上で生活をしていくのであれば、足はモノをつかめるような構造にしておいた方が効率的です。しかし、人間はその機能を捨てて、木の上の生活から地上へ、平地を歩くことに特化をしていくと、足の親指は小さくなり5本の指が平行に並ぶように進化をしていきました。

立っているだけなら足のアーチは要らない 歩くためにはアーチが必要

人間は立っているだけなら、足のアーチの機能はそこまで必要ないかもしれません。しかし、歩いたり走ったりと大きな身体を前に進めるためには、足のアーチが不可欠となります。地面に足を着く時に来る衝撃を和らげて、常にバランスをとり重心を移動させながら足の指で蹴り出しています。

つまり人間である特権であり喜びは、歩くこと・動くこと。足のアーチを崩さない、低下させないことが、一生健康で歩くためにはとても重要なことが分かります。

今あなたの「足のアーチ」を無料測定(完全予約制)

あなたの足のアーチや足の状態、正しい足のサイズ測定をしてみませんか?

これからも地域のみなさまの一生歩く健康を、スポーツの上達の感動を、足元から支えてまいります。

お店は完全予約制となっております。お問合せ ・LINE ・お電話:090-9947-7547 (徳野あおい)

足を大切に、今日も歩こう❣

●公式Instagram「footplus.gifu」もフォローしてね💛

徳野 あおい

徳野 あおい

インソールカウンセラー、フットケアセラピスト。足のお悩み、身体のバランス、スポーツの向上・疲れ・けが防止に、世界に1つだけのオーダーメイドインソールで足元から支えます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。